So-net無料ブログ作成

11月「りえき/Benefit」

仕事には目的があり、多くは公益に還元される。

会社とは利益を求めるものだが、それは私利私欲の為ではなく、
社会に貢献するためである。商品という形を取ることが多く、その種類は多岐に渡る。

商品交換の媒介物がお金であり、現代社会では利益の基準となっている。

従って、多くの利益を上げた会社が優れた会社ということになるが、お金を得るのは手段に過ぎず、
少なくとも資本主義社会の中では、経済を回すことが目的である。

我々消費者にとっては、支払ったお金に見合う商品を得られるかどうかが問題である。

物価が上がって何が困るのかと言えば、生活必需品だけは節約が難しく、
価格の上下に関わらず、購入しなければならない点である。

会社の目的は、社会貢献であると先に書いた。
従って、生活必需品の価格を抑えることも、そこには含まれる。

以前記事にした水増しなどは別として、
品質を保ったまま価格を抑えるというのは、紛れも無く社会貢献だと言えるだろう。

研究や研修は、現状を正しく捉え、より望ましい姿を目指して行われるものである。
そこに時間を掛けることは、一見無駄に見えて無価値ではない。

目の前で行われているやり方が、そのまま正しいとは限らない。

伝統的なやり方に深い意味が含まれる場合もあれば、
ただ形式的なものが守られているだけの場合もある。

大切なのは、何のためにそれをするのか、或いはしているのか。
目的の実現には、どのような手段があるのかを考え見極めることである。

行為に見合う結果が伴うか否かを考えるだけで、人は時間の使い方を変える。

惰性で動くより必要性を考え、どうすれば望ましい形に落ち着くのか。

買い物は会社への投資であり、使う時間は自身への投資である。
また、人は社会資源である。

限られた資源の中で、双方にとって納得のいく利益を、生み出したいものである。








*  *  *  *  *









Work includes a purpose, and most are returned to the public interest.

A company is a thing demanding profit, but it is not for self-interest, and this is because it contributes to the society. I often take the form called the product, and the kind is introduced to many divergences.

A vehicle of the product exchange is money, and it becomes a standard of the profit in the modern society.

Therefore, the company which raised much profit is a superior company, but it is only means that get money, and it is a purpose to at least turn economy in one of capitalist society.

For we consumers, that a product appropriate to the money that I paid is got is a problem.

Only the daily necessities have difficult saving what it is awkward for that prices rise and are the point that you must purchase regardless of the top and bottom of the price.

I wrote that the purpose of the company was contribution to society earlier.
Therefore, it is included holding down the price of daily necessities there.

As for controlling a price apart from the dilution that I made an article before with keeping quality, it may be said that it is contribution to society without chance.

I catch the present conditions definitely, and a study and the training are carried out for a more desirable figure.
It shows that I take time there at a glance idly and is not a nothingness.

A way performed in front may not be just right.

A deep meaning may be included in a traditional way, or a formal thing only may be merely protected.

What important one does it for or do you do it?
It is what I think about what kind of means objective realization includes and ascertain.

I only think about whether the result appropriate to the act is accompanied, and the person changes an occupation.

I think about the need than it works by inertia, and how is it settled down to desirable form?

Shopping is investment in company and is the investment in own at time to spend.
In addition, the person is social resources.

In limited resources, I want to bring about convincible profit for both sides.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0